閉じる
日本画
西洋画
彫塑
デザイン
染色工芸
木工工芸
窯芸
美術理論
美術科教育

   
   「小学図画」(ポリ袋ですてきに変身!)

美術科教育について


美術・工芸教育分野の特徴

■この分野では「美術、工芸教育の事象」を対象とする研究と教育を進めています。美術・工芸教育というと、普通、小学校、中学校、高等学校の美術、工芸教育だけを対象としているように思われがちですが、幅広いとらえ方でいえば、就学前教育、社会人教育、さらには専門の美術家・工芸家養成教育の制度、内容、方法をも研究の対象としています。むしろ、美術・工芸教育の狭いとらえ方は適切でないのです。

   研究の実際も、造形教育哲学研究、造形教育心理学研究、造形教育史研究、造形教育内容学研究、造形教育方法学研究など多彩です。

教員の紹介


■美術・工芸教育分野には2人の教員がいます。教育学研究科を設置し、維持していくためには、2人の教科教育教員を置くことが必須だからです。

■栗山裕至教授は、特に美術と心理の関係を研究しており、美術教育における個性や創造性をめぐる論文等を発表しております。

■また、栗山教授は、長年、地域の教師たちとの美術鑑賞教育共同研究を進めています。さらに、本学の美術史・美術理論の吉住磨子教授や早稲田大学教授の藪野健先生(日本芸術院会員)と美術鑑賞コラボレーションを推進しています。