入試情報
教員×学生対談
美工小史
修士抄録
2011年度卒業・修了制作展
佐賀大学「ひと・もの作り唐津」プロジェクト

 


授業について


美術・工芸課程は、「美術・工芸選修」という一つの選修として構成されており、美術と工芸の両方の内容について学習することができます。造形制作や理論研究に向けた柔軟な思考力と技術を養うことができる独自の学習カリキュラムを設けています。

1年次は美術・工芸全般の基礎的な内容について幅広く履修し、創作活動の土台を養います。2年次からは、一つの専攻を選択することになりますが、受講する内容は一つの分野に限定されません。広い視点を持って作品を発想できるようになるという考えに基づき、それ以降も並行して他の専攻分野科目を履修することが可能です。

卒業にあたっては卒業研究が課せられており、それぞれの学習してきた総決算として「卒業制作展」という発表の場が設けられています。

また、十四代今泉今右衛門氏などの高名な作家を講師として招聘し、そうした方々の指導を直接受ける機会も設けられています。
   →外部講師一覧